こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

サウンドカードを譲り受けるのですが

 知人からサウンドカード ASUS XONAR D2/PM を私に譲ってくれるとの話がありましたが、以下の点が気になっております。

 当方のPC構成は以下の通りになっております。

M/B ASRock H87 Pro4(UEFI ver 2.10)
CPU intel Core i7 4770 定格運転
MEM DDR3-1600 4096MB×4(16GBytes)
GPU NVIDIA GeForce GTX760
SND Realtek HD Audio ALC892
    →アナログでBENRINGER DEQ2496+HA4700+AKG K702に接続しております。
    →スピーカーはSONY SRS-D211(2.1ch)を使用しております。
OS  Windows8.1 Pro (Windows Updateはできるものすべて適用済み)
   その他ドライブ類などは省略いたします。

気になっている点:

・メーカー提供のドライバはWin8.1用もあるがベータ版1個のみのリリース状態であること

・接続がPCIであるため、取り付け後サウンドカードがバスや処理のボトルネックにならないか

・私の使用条件上 Realtek ALC892で現状特に不具合は感じていないこと
 →FPSをプレイしたり、DTMを行ったり、動画配信などはしておりません
 →まれに音楽を聴くことはありますが、非可逆圧縮された音楽や動画サイトでの視聴が
  主であり、音質に必要以上のこだわりはありません

 せっかく譲ってくれるというお話をいただいたので、取り付けてみようかとも思うのですが、取り付けるうえでのメリット・デメリットがよくわからないため、同様な構成でお使いの方がいればお話を伺いたく質問を行いました。
 ご回答お願いいたします。

投稿日時 - 2014-11-30 23:21:22

QNo.8843048

暇なときに回答ください

質問者が選んだベストアンサー

見た限りでは特にデメリットもないと思いますが、自作ならバリテーションの問題が起きても、ご自身で外せば良いだけですし・・・。
音が良くなる可能性も高いカードですから、良いのでは?

βドライバが提供されてから次が出ていないのは、たぶんβドライバで正常動作するからでしょう。まあ、何か機能追加を予定していたが、何らかの理由で諦めた可能性もありますけど。
とりあえず、問題はなさそうですけど。やはり問題があれば、戻せば良いだけです。

PCIのボトルネックですけど、PCI接続は3GIOの一部帯域を使いますが、本来ならより高速なPCI Expressのスロット数を減らす代わりに、PCIにしています。即ち、帯域的にはPCIを全部消費し、PCI Expressを全て使っても、H87がサポートする8レーン相当の帯域を消費することはないですから、全く問題ないでしょう。(元々PCIeスロットが4レーン1、1レーン4の構成に対応しています)

バリテーションについては、実際にやってみないと何とも言えません。

私なら、PCIスロットのあるPCがあればもらい受ける可能性は高いです。ただ、既に私の所有しているPCには、PCIスロットがなく、オーディオカードももう少し良い品なので、ご免なさいと言うでしょうけど。

投稿日時 - 2014-12-01 00:48:08

お礼

回答ありがとうございます。
ドライバは再生に関しては問題ないのですが、入力に関してはちょっと厄介であることがわかりました。(ドライバのコントロールパネルでの切り替えが挙動不審)
気になるボトルネックもほとんど感じることがなく、ALC892ではできなかった光での接続もでき、DEQ2496+HA4700の環境でヘッドホンによる音質アップが感じることができ、満足しております。

投稿日時 - 2014-12-06 18:28:01

ANo.1

このQ&Aは役に立ちましたか?

16人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(2)

ANo.2

メリット
内蔵のオーディオと比べて音質が良い
ゲームがEAXやA3D対応していれば音響効果が上がる
DolbyやDTSのサラウンドに対応している
ASIOに対応している
付属のブラケットを付ければデジタル出力が出来る
など・・・

デメリット
PCIスロットを消費する

PCIスロットが開いているならつけて損は無いでしょう。

投稿日時 - 2014-12-01 11:37:08

お礼

回答ありがとうございます。
取り付けてみました。音声の再生に関しては特に問題なく運用できております。
サラウンドなどに対応するソースは持っておりませんのでそれらの効果のほどはわかりませんが、今後それらの機能を使用するソースが手に入った時が楽しみです。

投稿日時 - 2014-12-06 18:22:37