こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

CACHE-CONTROL: no-cache

アクセス解析とか見てると、Proxy情報で、「CACHE-CONTROL: no-cache」というところからのアクセスがやたら多いです。

国や言語は英語となってて、ホスト名は毎回ちがってます。

このアクセスってどういうものかわかりますか?

投稿日時 - 2017-04-18 16:29:42

QNo.9318985

困ってます

質問者が選んだベストアンサー

>キャッシュについて整理してみた
http://qiita.com/karore/items/2dc6ab8347c940ea4648

「CACHE-CONTROL: no-cache」は、場所などではありません。
HTTPアクセスする際の、一オプションです。

proxyサーバは、キャッシュサーバを兼ねていることがあります。
キャッシュサーバとは、以前アクセスしたページを保存しておき、同じURLでアクセスがあった時に、オリジナルのサイトを見に行かず、即座に自分が保存していたキャッシュデータを返すようにする、と言うものです。
有効に働けば、インターネットのトラフィックも減るし、レスポンスも早くなります。

しかしWebページは日々更新されますし、PHP等で作られたページで毎回表示が変わるようなものもあります、それなのに、URLが同じだからっていつまでも古いデータを表示されては困ります。

そこでこの「CACHE-CONTROL: no-cache」オプションが出てきます。
説明によると、以前のページのキャッシュを保持していても、オリジナルのサーバに最新状態かどうかを確認しに行け、という事を指定するものだそうです。
もし最新状態でないという返答があったら、改めてページのリクエストをして最新Webページを取得するように動作するんでしょうね。

そのように、ブラウザやクロールサーバがHTTPアクセスの際に付加するオプションですから、世界中のブラウザ、あるいはサーバ等から、この指定付きでアクセスされることは十分にあり得ます。

逆にこの指定があったからと言って、特定のサーバーやユーザーを指すものではありません。

投稿日時 - 2017-04-18 20:40:30

お礼

詳しく教えてくださりありがとうございます

>>以前のページのキャッシュを保持していても、オリジナルのサーバに最新
>>状態かどうかを確認しに行け、という事を指定するものだそうです。


なるほど。そういうものだったんですね。色々と便利な機能ってあるもんなんですね。

なんだか1日に何十件もここからアクセスがくるんで気になってたんです。

投稿日時 - 2017-04-18 21:20:43

ANo.1

このQ&Aは役に立ちましたか?

0人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(1)