こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

音声ファイルの速度を変えて保存する。

Windows 環境です。例を挙げれば、MP3形式の音声ファイルは、uLilith で速度を変えられます。速度を変えた状態で、保存が出来ますか。

言い換えれば、ファイルから音声出力ではなく、ファイルから速度を変えた音声ファイルとして出力できますか。

uLilith で出来れば、既にインストールしてあるので楽ですが、
他のアプリケーシンでも構いません。

投稿日時 - 2017-05-02 17:53:28

QNo.9324476

困ってます

質問者が選んだベストアンサー

Audacityというソフトで出来ます。

Audacityの使い方とインストールの仕方のページです↓
http://www.h-style.net/dtm-try/%E3%83%9F%E3%83%83%E3%82%AF%E3%82%B9%E3%83%80%E3%82%A6%E3%83%B3/audacity-mp3/
AudacityはMP3を何もしなくても読み込めますが、MP3で出力するには
lame_enc.dllが必要なので上のサイトで解説していますので
lame_enc.dllを導入してください。

で、速度変更の仕方ですが、Audacityのエフェクトの中に速度の変更と
言うのかあります。
そこで速度を変更し、プレビューで一度確認して、OKボタンをを押すと
再生速度が変更され遅くなります。
後はファイル→オーディオの書き出しで出力先を決めてOKすれば良いだけです。
(原曲に上書きしてしまわない様に注意)

投稿日時 - 2017-05-02 22:18:07

補足

有り難うございます。
私の求めるお答えであると【思います。】
Autocity はインストールいたしました。
MP3 音楽のオリジナル速度での再生は出来ました。

後は、
1.速度を落としての再生。
2.落とした速度での保存を試みます。

速度を落としての再生に lame_enc.dll は必要でしょうか。

ご案内と現在の状態が画面/英文解説が少し異なりますので、lame_enc.dll の導入はまだ出来ておりません。

休日にもかかわらず出かけますので、次回のご報告は明日かと思います。ご勘弁下さい。

投稿日時 - 2017-05-03 09:23:07

お礼

Zlingさん
有り難うございます。特に、素人向けの丁寧な説明を書いて下さり、感謝しております。解説を書くにはには時間が掛かることもよく承知しております。

ご回答No.1 のお礼欄を使うのは、これが中間報告であるからです。ご回答No.2 の回答欄を最終報告のため空けておきます。

中間報告:
Audacity による低速再生に成功いたしました。
lame_enc.dll のインスト-ルも英文判読で成功いたしました。
オリジナルファイルの低速変換ファイルもMP3ファイルとして保存できました。
低速再生に於ける、音程が下がることも、エフェクトボタンを押して、処理しました。

細かい結果報告、満足度報告、用途報告は後日お送りいたします。
Thanks a lot! Merci Beaucoup ! Vielen herzlichen Dank!

リケロ(理系老人)より

尚、最近 日本語入力機能を使わない単語登録(ヨーロッパでは単語登録をどうするか)などでPhraseExpress, TextExpander などのアプリケーションと付き合い使用法、契約条件、英文説明などで四苦八苦しております。別途、質問を出しますから、見つけたら是非是非お願いいたします。一筋の光明が見えたと期待しております。

投稿日時 - 2017-05-04 17:34:48

ANo.1

このQ&Aは役に立ちましたか?

0人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(4)

ANo.4

読み込んだ音源自体に速度調整の効果を与えたい場合は、

1.音源を読み込む
2.ツールバーのところにあるエフェクトボタンを押す
3.出てきたタブの中のスピードの変更を押す。
4.出たタブでスライドバーを左に動かしてゆく
5.タブの中の速度増加の数値が1を過ぎて0.になるとスロー再生の領域
 になる
6.プレビーで聴き確認し、良ければOK押す
7.読み込んだ音源にスピード調整のエフェクトがかかる
8.再度、再生し聴き確認、良ければ一番上の所にあるファイルを押す
9.出たタブでオーディオの書き出しで保存場所を選び保存する
10.これで再生速度の遅くなった音源が出来ます。

投稿日時 - 2017-05-04 15:01:09

お礼

有り難うございました。お陰様で、楽しいゴールデンウィークを過ごすことが出来ました。

目的: 外国語を学ぶ上で、教材の速度を落とす必要があったのです。速度を落とすことに成功。仲間と共有することも出来ました。語学の進歩はこれからです。

Zling さんのご指導も明解でしたが、教えていただいた
http://www.h-style.net/dtm-try/%e3%83%9f%e3%83%83%e3%82%af%e3%82%b9%e3%83%80%e3%82%a6%e3%83%b3/audacity-mp3/ 
は不思議なサイトでした。見事な解説でした。
http://www.h-style.net/ も覗いてみましたが、誰が書いておられるのか分かりませんでした。Feedly など兄弟サイトもあるようでした。

今後ともよろしく。

投稿日時 - 2017-05-06 07:37:06

ANo.3

1.
一時的に速度を調整して再生するだけなら、添付画像のスライドバーと
横の緑の再生ボタンで出来ます。
ここで大体の速度を聞いてみて、感じをつかむと良いでしょう。

投稿日時 - 2017-05-04 14:44:46

補足

メールが行き違いになりました。
ご回答 No.1 のお礼欄を見て下さい。

No.3 の方法はうまく行かなかったのです。
原因はなにか、操作法勘違いにあったのだと思います。

これについて又。

有り難うございました。

投稿日時 - 2017-05-04 17:41:18

ANo.2

#1です。
再生には、lame_enc.dllは必要ありません。

MP3ファイルで出力するのにlame_enc.dllが必要なのです。

MP3で出力しないのであれば、lame_enc.dllは必要ありませんです。

投稿日時 - 2017-05-03 13:59:55

補足

ご注意有り難うございます。
1.低速再生が先ず必要です。
Auidacity の画面上部に、速度を指示する緑の三角と
メモリがありました。
これを動かしましたが、再生速度は変わりません
でした。何が悪いのでしょう。

2.低速のMP3ファイルも欲しいのです。従って
lame_enc.dll を入手、保存をします。
次の段階です。

仕事が遅く、順番にやって行きますので、よろしくご指導下さい。

投稿日時 - 2017-05-04 11:12:17