こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

INS1500を導入するメリット

光回線(INS1500も元は光回線ですが)のビジネスタイプなどのサービスよりもよりもISDN回線のINS1500回線を導入するメリットを教えてください。
料金を調べると光電話の方が安いみたいなサイトをいくつも見ます
INS用端末が残ってるお客様が使うのかと思われましたが端末、回線共に新規での契約をされるお客様もいると伺いました。
IP網への巻き取りも進む中でINS1500を契約するメリットを教えてください

投稿日時 - 2017-05-28 15:08:09

QNo.9334397

困ってます

質問者が選んだベストアンサー

> INS1500回線

商品名が、INS1500ですね。
回線数が1500回線ではありません。回線速度が1500kb/sと言うことです。
(電話通話用の1チャンネル64kb/s ✖ 23(または24)チャンネル分に相当)

INS1500の引き込みは、たいてい、光回線が1本で入ります。(INS1500の引き込みは、ほかに、無線で入ることもある)
普通のISDN回線(商品名は、INS64とも言う)は、銅線の電話線で引き込みまれて、回線速度は128kb/sとなります。(電話通話用の1チャンネル64kb/s ✖ 2チャンネル分に相当)


> 導入するメリットを教えてください。

● 特定の場所やビル等で、多量のトラヒック(通話量)が見込める事業所など
例えば、サポートセンター/通販受付などで、お客様からの通話が多量にあったり、お客様への案内・賞品説明などの電話をする場合など。
● 回線数に比較すると、内線数が多く、しかも、交換手を通さずに内線ごとに外部から直接かかる様にしたい。(← 内線直接を「ダイヤルイン」と言う)
● データ転送を確実にするため、監視回線や、サーバー同志のデータ転送時に、回線上で「ビットの紛失」をした場合は、再送機能がある。(ただし、インターネット回線と比較すると、非常に低速である)


★ インターネット回線の場合
● データのビットが、世界のどこを経由するか分からないため、相手側に遅れると通話の明瞭が悪くなったり・エコーが発生することがある。
また、ビットの紛失があると、通話では雑音が発生することもあり、データの正確性が無くなる。インターネット回線は、INS回線と比較すると非常に高速だが、ビット紛失時の再送機能が無いため、ビットを紛失するとそのままである(悪い表現をすれば、インターネット回線は再送機能が無いため、データのビットを垂れ流しである)
通話の明瞭性悪化・エコー・雑音の場合は、人間の「耳フィルター?」で、相手の発音を推測して意味を考えることがある。


★ 電話回線の機能・品質を重視するならば、ISDN回線(INS64、INS1500)である。
しかし、ISDN回線は低速で有る為、インターネット回線と併用するならば不向きである。

逆に、インターネットとへ併用したいとか、インターネットは高速回線にしたいとか、トラヒック(通話量・データ量)は普通の事業所なみとか、などならば、ISDN回線(INS64、INS1500)では無く、普通の光回線でいいと思います。
そして、「通話チャンネル」が足りないならば、有料オプションの「ダブルチャンネル」にしたり、「番号だけを増やしたい」ならば、追加番号の「マイナンバー」を契約しましょう。
(参考サイトはNTT東日本エリアですが、NTT西日本エリアでも商品名や料金が若干違うこともありますが、同じオプションです)
https://flets.com/hikaridenwa/service/option.html

また、インターネットの接続先が「複数」あるならば、「セッションプラス」という有料サービスもあります。
https://flets.com/sessionplus/s_outline.html#ac_image



そのほか、NTT東・西には、企業向けの、「光回線ビジネスタイプ」もあります。
https://www.google.co.jp/#q=%E5%85%89%E5%9B%9E%E7%B7%9A+%E3%83%93%E3%82%B8%E3%83%8D%E3%82%B9%E3%82%BF%E3%82%A4%E3%83%97&spf=1495958089077

投稿日時 - 2017-05-28 17:00:29

ANo.1

このQ&Aは役に立ちましたか?

0人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(2)

ANo.2

でもinsはいずれ無くなるよね
国内光IP化に成っちゃうから
現状工事費掛けてもね まぁ料金かサービスか

投稿日時 - 2017-05-29 17:14:29