こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

台湾はいつから新日になった?

中国が反日だと言われだしたのは確か90年代以降になってからの事ですよね?台湾が親日になったのはいつ頃からなのでしょうか?

投稿日時 - 2017-08-15 00:13:09

QNo.9363100

困ってます

質問者が選んだベストアンサー

あなたは台湾には内省人と外省人の2種類の人たちがいるのを知らないのか?
内省人は日本が台湾を統治していたころから台湾に住んでいる生粋の台湾人。
外省人は戦後日本が台湾の統治を放棄した後に大陸から乗り込んできた国民党党員とその家族、関係者だ。だから外省人は未だに自分たちは中国人と思っている人たちが多い。
で、元から台湾に住んでいた内省人は、終戦前の日本人が統治していた頃の統治の良さも知っててるし、戦後台湾に入ってきて統治を始めた外省人のあまりの酷さも知っている。実際国民党は内省人から財産の没収やら虐殺やら相当酷いことをやっているしね。
だから、一言で台湾人と言っても、内情は内省人と外省人の間には見えない壁がある。
そのため内省人は日本の統治時代を懐かしみ、現在でも日本に対して特別の親しみを持っているが、逆に覇権主義丸出しの大陸の共産党にはかなりの嫌悪感と危機感を持っている。
一方外省人は基本国民党の方針である、大陸への復帰の考えを持っていたし、最近では大陸の共産党と和解して大陸と経済的にも文化的にも融合を望んでいる。
まぁこれは大陸へより経済進出を望んでいる一部の内省人も絡んでいるが。。。

で。台湾には香港と同じように、「Chinese Taipei」では無く「台湾国」として独立運動が行われているが、これを主導しているのは内省人。
一方外省人は台湾が大陸の中華人民共和国の一つの省になることを望んでいる。
内省人は戦前、戦中、戦後を通して、ずっと親日だが、戦後の台湾の政治は80年代後半までずっと国民党である外省人に牛耳られていたし、実際長年戒厳令が敷かれていたから目立たなかった。
でも1987年に戒厳令が解除され、翌88年に内省人である李登輝が総統になってから台湾の政治は民主化が進み、論・結社・言語の自由が保障され、新党結成も解禁された事により内省人も自分たちの主張が言えるようになり、日本との交流もより深くなっていった。
つまり台湾の親日はある日突然なったのではなく、元々生粋の台湾人である内省人はずっと親日だったという事です。

中国(中華人民共和国)の反日政策は89年の六四天安門事件以降、六四天安門事件により、民衆が西側諸国のような自由を求めていることに気付き、それと同時にかなりの危機感を抱いた中国共産党指導部が民衆の矛先をそらすために反日政策を実施したのが始まり。
最初の頃はまだそれほどでもなかったが、上海のヒキガエル「江沢民」が自己の経歴を政敵に突かれるのを防ぐため、より厳しい反日政策を取ってそれを確実化した。
要は中共指導部にとっては盧溝橋事件も南京虐殺も731部隊も靖国問題もウソか真実かなんてのはどーでもいいこと。
自分たちの都合で日本をダシにしてるだけなのだから。

投稿日時 - 2017-08-15 02:38:33

お礼

親日ムードが高まったのは88年に李登輝が総統になって以降だと考えていいんですかね。

投稿日時 - 2017-08-15 03:03:00

このQ&Aは役に立ちましたか?

0人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(4)

ANo.4

李登輝総裁以降です。
多くの嘘氾濫してますが、
(1)台湾は韓国以上に反日でした。
確か制圧に半年掛かった筈です。
その後、死者の出た反日運動は200数十件です。
韓国は1回です。
(2)何とか事件で蒋介石軍が知識層の大虐殺しました。
知識層には親日家が多くいました。
(3)蒋介石が台湾に逃げて来てからは
去犬来豚(本当は中国語)と言われ、
日本政府はうるさいが役に立った、
蒋介石政府は貪り食うだけ。と言われ、
あくまで、蒋介石政府より日本の方がましだった。程度です。
外省人と呼ばれる蒋介石軍は当時も今も13%です。
(4)日中国交後、多くの国が台湾から中国に鞍替えしました。
日本は経済的には台湾を重視しました。
(5)京大出身、本省人の李登輝総裁が出て、
日台の関係がより親密になりました。
(6)現在に至る。
巷言われる、台湾が元々親日である、植民地政策成功と言われますが、全て嘘です。
台湾経営は大半黒字(日本の搾取多い)
韓国経営は34年間赤字(日本の援助が膨大)
死者の出た反日暴動は韓国1回、台湾200数十回(正確には不明です。)と言われます。
韓国で軍が女性を強制連行した記録記憶ありません。
台湾では女性を強制供出させています、金も払っていません。(多分韓国でもあったと思いますが)
研究者の方々が正確な資料で分析しています。
メディアの情報は嘘多いです。
中国は
天安門事件前は政治的親日でした。
日本軍が蒋介石軍と戦い、蒋介石軍疲弊したので共産党軍が勝ったと感謝してました。
戦時中の事謝罪した馬鹿政治家が周恩来(?)
からたしなめられています。記録残っています。
韓国の反日は理解不能です。
経済的ダメージ多いのは分かります。
北朝鮮に操られているとしか分かりません。

投稿日時 - 2017-08-15 11:26:04

お礼

李登輝総裁以降のことだと言うことでしょうか。

投稿日時 - 2017-08-15 17:30:11

ANo.3

昔から親日ですが、最近親日になったような気がするのは、江沢民が反日を始めて台湾の親日が目立つようになったからです。
それにしても中国というのは勝手な国です。
大きな経済格差をなんとか日本の援助によって埋めようとしました。そして日本の技術や経済援助により国がそこそこ独り立ちできるようになったら急遽反日の方針を打ち出しました。もともと反日が強い国ですから国のトップである江沢民が「今日から反日をするからね」と言えばいとも簡単に反日になりました。
日本はお人好しだから一部のODAをまだ中国にあげているそうです。

投稿日時 - 2017-08-15 06:45:55

お礼

昔から何ですね。八田記念館とか親日にまつわる物が残されてはいますね。

投稿日時 - 2017-08-15 22:11:34

ANo.1

こんにちは。

私は、中学時代(1960年代)から趣味のアマチュア無線を楽しんでますが、当時から台湾のアマチュア無線局で年配者の殆んどは日本語を話せる人が多くて無線交信での会話内容も親日的でした。

また、東京大田区の電子専門学校生だった1970年頃に蒲田西口駅前のゲームセンターでバイトをしてましたけれど経営者親子が華僑の台湾人でしたが、親切で優しい人でしたから古くから台湾人は親日的だったと思います。

恐らく、中華人民共和国(中国)や朝鮮半島2国(韓国と北朝鮮)のように戦後になってから「反日教育」はしてないので、台湾人は日本に統治されてた時代を恨むことなく親日的なのだと思います。

投稿日時 - 2017-08-15 01:00:40

お礼

昔から何ですね。

投稿日時 - 2017-08-15 03:12:13