こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

株式会社の自己株式というのは、いったい何なのでしょ

株式会社の自己株式というのは、いったい何なのでしょうか?

これには、どういう意味があるんですか?

投稿日時 - 2017-12-14 07:01:07

QNo.9407627

困ってます

質問者が選んだベストアンサー

 その株式を発行した会社自身が持っている、自分の株式のことです。

 例えば「トヨタ」が持っているトヨタ自身の株式が、トヨタにとっての自己株式です。マツダが持っているトヨタの株式は、自己株式ではないわけです。

 トヨタは、株式市場から買ったり、なにかの事情で質請けしたりして、トヨタの株式を取得します。

 なぜ、市場から自分の株式を買うのか、というと、いろんな事情がありますが、おおむねは「当面、利益を生み出すだけの資金の使い道がない」からです。

 例えば、電気自動車を開発するために膨大な資金を必要とするので、新株を発行して資金を集めた。ところが、他のメーカーと共同開発することになったので、それほど巨額の資金は不要になった。

 となると、集めた資金が遊ぶわけです。利益を産まない。

 ところが遊んでいる(利益を出さない)資金を出した株主にも配当しなければならない。1株あたりの配当額が下がる。株主から不満も出る。株価が下がる。

 さらに、株主が多いと管理も大変(費用がかかる)。費用を省けば、配当を増やせるよね。

 資金も余っているし、株価も下がったし、株主管理も大変だ。じゃあ、自分でトヨタの株式を買って株主を減らしてしまえ、という話になるわけです。

 株式を完全に償却して(消滅させて)しまうこともできますが、株式のままにしておけば、資金が必要になったときまた面倒な新株発行手続きをせずに、その株を市場に流すことで資金集めができますよ。だから買ったトヨタ株は金庫に入れておきましょう。

 ということで、償却せずに、トヨタ社内で持ち続けるのが「自己株式」です。

 念のために言えば、トヨタが自己株式を持っているかどうかは、知りません。例えば、の話です。

投稿日時 - 2017-12-14 16:17:29

このQ&Aは役に立ちましたか?

0人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(2)

ANo.1

自社の株を会社が有している(貸借対照表に計上される、取得済み)株式、すなわち「自己株式」。一般で言えば銀行に預けずにタンス預金しているようなものです、なので金庫株ともいいます。
株式会社は新株を発行することで発行済株式総数を増やす。自己株式はこの反作用、すなわち、既発行の株式を入手回収(自己の株式を取得)し、自己株式として保有管理(保有自己株式)し、処理(再度放出(自己株式の処分)または消滅(自己株式の消却))させるという側面をもっています。

投稿日時 - 2017-12-14 07:25:18