こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

バッテリー iPhone vs. 他社

iPhoneでバッテリーが消耗した時に意図的にCPUのパフォーマンスを落とすプログラムが入っていたことで批判が集まりApple CEOが謝罪するとともにバッテリー交換を低価格で提供することを発表しましたね。個人的にはiPhone6sを2年半ほど使っていて、OSも最新にしているのでそのプログラムが入っていると思いますが、それほどCPU速度の低下は感じず、また突然のシャットダウンも経験していないので、プログラムのおかげもあるのかと思います。黙ってそう言う事をやるのはAppleらしく無く批判されるべきとは思いますが、バッテリーを低価格で交換してくれるので選択肢が拡がって喜んでいます。
一方でiPhoneの前はXperiaを使っていて、寒冷期にバッテリーが突然ゼロになる現象に悩まされ、バッテリーの状態と消費電力の大きなソフトウェアを表示してくれるアプリを入れてだましだまし使っていたのですが、耐えきれずiPhoneにした経緯があります。
皆さんのスマホではどんな感じですか?
この件に絡んで大手のスマホメーカーは自分のところではプログラムの操作はしていないと自社製品の品質を自負するような声明を出しているのですが、突然シャットダウン現象について言及しているメーカーが見当たりません。黙ってやったことを除けば、Appleがやったことはそれなりにリーゾナブルなのではないかと言う気もするのですが、皆さんのスマホは突然シャットダウンや突然残り容量がゼロに近くなったりしませんか?

投稿日時 - 2018-01-01 23:02:00

QNo.9413974

困ってます

質問者が選んだベストアンサー

(2)さんと同じ意見です。
アンドロイドの様な競争が無い。。。結局アップルはユーザーを
馬鹿にしていたと言えるのでは?! アップルユーザーは怒るべき
と考えますね。
個人的には初めて使用したスマホはiPhone3GSです。4S、5Sと
乗り換えて、変わり映えしない事に飽きてしまい、また格安SIMが
スタートして、月々の料金を下げる事が可能と知ったので、さっそく
アンドロイド、そして格安SIMに乗り換えました。iPhoneを使用して
いた頃は、特にバッテリー問題は感じなかったですね。自分はゲーム
などをしないし、動画を見たりもしなかったので、電力を激しく消費
しなかったのかも。逆に最近少しゲームをやる様になり、また動画を
ダウンロードして置いて、出先で時間が有る時に観るようにもなり、
電力消費が激しくなった様子で、減りが速く感じていますね。調べる
と、私が現在使用しているスマホはバッテリーの減りが速いと言われて
いる事が分かりました。機種代は一括で支払い済なので、乗り換える
スマホを探している最中です。
これは良い情報源だと思いますが、晋遊舎と言う出版社が家電批評と
言う雑誌を発行しています。この雑誌は出来るだけ広告を入れないで、
スポンサーの影響を排除する事で、記事の公正さを図る方針です。
既に去年、何回もスマホの比較テスト記事を掲載していて、これが
ガチなテストなので、非常に参考になります。格安SIM業者の比較
テストも行っていて、中々面白いです。テスト項目も多くて、自分が
スマホを探す際に、大事に考える要素もテスト項目に有ったりするので
現在、記事を参考にして、スマホ選びの最終段階です。
私はゲームも少しやりますし、動画閲覧もするので、バッテリー持ち
や、ゲームが有る程度、快適に動く機種を検討中ですね。ただし、
高価な機種は避けていますので、高くても4万以下でコスパが高い
機種を探しています。

で、この出版社が、新しいWEBサイトを始めました。
360.life です。the360.life/ ガチテスト記事満載のWEBサイト。
色々な製品の記事が掲載されて、非常に観る価値が高いサイトです。
@一応書いて置きますが、回し者ではありませんからw
楽しいサイトなので、誰かに教えたかっただけなんです。ハイ。

投稿日時 - 2018-01-02 04:57:38

お礼

いろいろ情報ありがとうございます!スマホも家電もメーカー任せじゃなくてユーザー情報が大事ですね。
私はiPhoneが2007年に発売された時にアメリカに住んでいたので、実は初代から、3GS, 4, 5, 5sと使ってきて、Xperiaを挟んで今6sです。バッテリー消費と言う面では3GSが激しく、その後落ち着いていて、Xperiaの様な突然おかしくなるようなことは5s以外は無かったんですよね。
バッテリーの残量は電圧センサーで電圧の降下を見ているんだろうと思いますが、CPUに供給する電圧はほぼ一定じゃないといけないので、ものすごく僅かな変化を感知する必要があって環境温度が低くなったり、消費電流が大きくなって電圧が下がったり、突然バッテリー残り容量不足とご認識するんじゃないかと思っています。バッテリー消費が激しいことが問題ではなく、まだあると思っていたら突然無くなると言うのが問題で、その点iPhoneはやり方は汚くてもましなのかな?
教えていただいたサイトでアンドロイドの情報でも探してみます。

投稿日時 - 2018-01-02 10:06:18

このQ&Aは役に立ちましたか?

0人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(4)

ANo.4

SHARPのandroidを3年ほど使い倒しましたが、さすがに電池が劣化しているというか、おそらくセルが一部死んでいるとみられ、残り60%から突然30%くらいまでに急落することがしばしばあります。しかも今どきandroid4.xというのはもうあり得ませんね・笑。ロクに動かないアプリが多くなってきました。

iPhoneに関しては、信者もAppleも「え?iPhoneてさ、最新版が出たらそれに買い替えながら使うものっしょ?」って本気で思っているんじゃないかなあと思います。海外では高級ブランドというイメージでございましょ?

投稿日時 - 2018-01-02 15:20:08

お礼

ありがとうございます。
やっぱりバッテリー容量が突然無くなると言う現象は結構あるのですね。私はXperiaでそうなった時に、バッテリーを変えようとしたのですが7000円くらい取られると聞いてバカバカしくなりiPhoneに変えました。そもそもがバッテリー交換が高すぎますよね。
iPhoneはしばらくは新しいのが出るたびに買い替えていました。でも格安SIMに変えて、本体の値段がはっきり見えてくるととてもじゃないけど毎回は買えないです。iPhone Xは何かGalaxyに見えるし、iTunesにはもう意味を感じない。iCloudよりはGoogleの方がよっぽど良くて、元信者としてもこだわりはすごく薄いです。でもアンドロイドもiPhoneと併用して結構使ってきたのですが、微妙にiPhoneの方が安定していて使いやすく、まだ離れられません。

投稿日時 - 2018-01-02 17:15:47

ANo.2

自分もメイン回線はiPhoneです。旧モデルのパフォーマンスが意図的に下げられる件について、Appleが決めることでどうしようもないのですが、自分がいつごろ対象になり、どの程度影響を受けるか気にはなります。

他社からは、あり得ないとするコメントが出ています。Androidは激しいコスパ競争の世界で、失点は即ユーザ離れにつながります。仮に性能を劣化させて買い替えを促せば、高確率で他社に流れるでしょうから、発想としてありえないというのは素直な感想だと思います。

自分もiPhoneにする前はXperia Z3で、Android6に上げた後の電池の持ちの悪さきがきっかけで機種変しました。キャリア診断で電池に劣化はなく、ソフト的な要因と思われます。Z3はキャリア問わず電池膨張で物理的な不具合を起こすケースもあり、モデルとしてバッテリ関係が弱かったのだと思います。

現在のHuaweiやZTE等では、電池の負担を減らす対策は、ユーザに見える形で、ごく健全に行われています。バックグラウンドの通信やアプリ実行を抑えたり、輝度を抑えたり、状況に応じて解像度を下げたり、温度に応じて充電制御する等。電池残量に応じて自動的に制御するのが基本で、電池の経年劣化度合いに応じてシステムのパフォーマンスを劣化させるというのは、かなり違和感があります。

投稿日時 - 2018-01-02 02:50:38

お礼

ありがとうございました。お礼が遅れて申し訳ありません。

投稿日時 - 2018-01-18 12:29:23

ANo.1

i-q

自分も6Sです。

>皆さんのスマホは突然シャットダウンや
>突然残り容量がゼロに近くなったりしませんか?
バッテリの劣化で4sは50%位あっても、2年後くらいは突然落ちたりました。。
最初の方は数時間持ったのですが・・・
それ以前に4SのOS上げて重くなったのが印象的です。

6sですが、iOS9>10ですでに若干重いなと感じてちょっと後悔しました、
今10.3.3ですが、WifiにバグがあるらしくよくマックのWifiが切断されます。
(ちょっと弱くなるとすぐ切断されしまう感じです。家のWifiは大丈夫)
iOS11にするのはかなり躊躇してます。10の時点で9のサクサク感が失われてますから。。

6sのバッテリは減ばってますね(^^♪
30%辺りからグングン減ります

投稿日時 - 2018-01-01 23:17:48

お礼

ありがとうございます。確かに30%くらいからぐんぐん減りますね。でもXperiaでは50%くらいあったのが次の瞬間いきなり10%台になってたりと激しかったのでそれに比べればましです。
後、その時と状況が変わったのがポケGo。使って無くて裏で立ち上げているだけでバッテリーの減りが早く、アプリをとじれば相当減り方がおそくなるので、昔と単純比較はしにくくなりました。
iPhone5sは、バッテリーの減り方が激しく突然ゼロになるくらいの勢いだったのですが、これもポケGoをやめたら相当ましになりました。
私はキャリアはiij mioで、OSバージョンは当初は心配したのですが、待ってても互換性の情報が出るのが遅いので今ではアップデートが出るとすぐにやってしまい、iOS11.2.1 です。これで遅くなった感じはしません。ひょっとしてまだ例のプログラムが作動していないのかな?

投稿日時 - 2018-01-01 23:55:34