こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

締切り済みの質問

不良セクタとバックアップ

不良セクタがあるとバックアップが途中で止まりますか。
HD革命バックアップVer3を使用。NECのDT750CAWです。数回のフリーズの経験があり、強制終了をしています。Windows 10です。パソコン添付のバックアップソフトでも止まります。CHKDSKでは検出されませんでした。

投稿日時 - 2018-02-11 10:57:24

QNo.9427876

困ってます

このQ&Aは役に立ちましたか?

1人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(5)

ANo.5

以前HD革命でクローンコピーをしていましたが、開始前にチェックしておかしなセクタがあると先に進まず、Windowsのチェックディスクに進まされました。そこで詳細なチェックと不良セクタの置き換えを済まさないとコピーは行われませんでした。今のHD革命はそうなっていないのでしょうか。不良セクタのママコピーしても仕方ありません。ディスクチェックは5段階あり、不良セクタの改修が行われるのは最後の5フェーズ目でした。とても時間がかかる処理でした。ご参考までに。今はAcronisを使っています。

投稿日時 - 2018-02-11 13:01:03

ANo.4

Q/不良セクタがあるとバックアップが途中で止まりますか。

A/まあ、止まるものもありますけど、セクター全てをキャッシュするものなら、止まらない場合もあります。即ちものによります。しかし、整合性が全くとれない物理エラーやハードエラーの場合は、必ず止まります。

OSのバックアップで止まるのであれば、ブロックエラーか巡回冗長エラーが出ているのでしょう。

簡単な確認方法として、
スタートメニューを右クリックして、イベントビューアを開き、カスタムビューを右クリックして、カスタムビューの作成→イベントレベルから重大、警告、エラーの3つを選びます。
一つ下のソース選択では、ソースごと(S)のトグルボタンを選んで、横の▼からDISKとdiskの二つにチェックを入れてOKをクリックして下さい。
次の画面に移ったら名前に、ディスクエラーと入力してOKをクリックします。

すると、画面中央上部にdisk関連のイベントログが出てくるはずです。出ていなければ、エラーはありません。出ていれば、その内容を確認して下さい。

例としてレベルがエラーで、「全般」タブに

デバイス \Device\Harddisk6\DR6※ に不良ブロックがあります。

といったメッセージがあるなら、不良セクターとは限らず、ハードディスクまたはハードディスクをコントロールしているホストに重大なエラーがあります。
このメッセージが発生すると問題を特定し解消するまで(ディスクを交換するなど抜本的な対応が必要な場合があります)、バックアップは中止される場合があります。

詳しいエラーの内容を知りたいなら、CrystalDiskInfoなどでS.M.A.R.Tの内容にそれが出ており確認できる場合もありますが、これがiAStorなどホストコントローラーのエラーに起因している場合は、その限りではありません。
まあイベントログでdiskと同じようにiAStorも検索すれば、重大とか警告、エラーでこの問題が見つかるかもしれません。
https://crystalmark.info/ja/software/crystaldiskinfo/

最後に、この場合の修復方法です。
diskエラーの場合は、基本的にハードディスクを交換するしか方法はありません。ブロックエラーの場合は、スキップセクターを当てても、すぐに次のエラーが出てしまう状況にあります。放置しておけば、そのうちシステムデータが破損しますので、早急にディスク交換を行うのがよいでしょう。

iAStorが原因の場合は、マザーボードやケーブル等に問題がある恐れが高いです。この場合は、メーカーサポートに問い合わせて修理点検の依頼を掛けた方がよいでしょう。基板周りの保守交換になる可能性がありますので、お値段はそこそこ取られるでしょう。


尚、chkdskで検出されるエラーにおいて、回復可能なエラーは、セクタ上の論理エラーであり、スキップセクターのマークが貼れるものと、クロスリンクに限られます。クロスリンクは意図せずデータが複数に跨がるか、MFTで指定したデータが指定した場所以外にあるか、そこに存在しない、メタデータがMFTと違う場合)となります。この場合は、回復可能なら適正なデータに修正します。出来ない場合は、破損チェーンを取り出して、アーカイブ(chkファイルで抽出)します。

スキップセクターは、磁気異常によって書き込んだ後に正しく読めない場合(またはその逆)が生じる箇所に、これらを回復または予め使えないことをマークして書き込みしないように回避します。

そのため、バックアップソフトでも、それらを丸ごと取り出すツールなら、止まらずにバックアップや書き込みをしてくれるケースはあるのです。

しかし、物理エラーや転送エラーを根本的に修復するものではないため、それらによって参照整合性を失っている場合は、バックアップアプリケーション側でバックアップそのものを中止する仕組みとなっています。

何せ、バックアップしたものが使えなかったり、差分更新で定期削除している場合に、エラーになるバックアップを繰り返せば、全部のバックアップが死んでしまうこともありますから。



(※数字は接続番号です。通常メインのHDDは0か1などの小さな数字で、パーティションで別れているドライブレターではなく、ディスク単位で区分されます)

投稿日時 - 2018-02-11 13:00:58

ANo.3

特にバックアップデータと元データを検証している様子は無さそうですね
http://www1.ark-info-sys.co.jp/products/lite/hdcd5lite/index.html

スペック的に問題が起こりそうな印象も無く(3TBのHDDが満杯では別ですが)Windows10のWindows Updateの影響ではないか?と感じます

アップデータを追加してもダメであれば
http://www1.ark-info-sys.co.jp/support/os/Windows10_rs3.html

一度アンインストールしてから新規インストールが必要かも知れません
セキュリティが強化されていますので ソフトに与えられていた権限が無効にされてしまう場合があります

メーカー付属ソフトも何らかの更新が必要なのかも知れません
http://121ware.com/psp/PA121/NECS_SUPPORT_SITE/CRM/s/WEBLIB_NECS_PRO.PRODUCT_ID.FieldFormula.IScript_Product_Spec_Details?prodId=PC-DT750CAW

投稿日時 - 2018-02-11 12:35:35

ANo.2

ハードウェア情報(Crystal Disk Info)ではエラーはでていますか?

投稿日時 - 2018-02-11 11:38:20

ANo.1

chkdsk
chkdsk /r(f)
chkdsk /scan
chkdsk /b

などありますが、どのチェックをされましたか?

投稿日時 - 2018-02-11 11:13:58