こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

自己破産手続き直前の借金について

自己破産手続き直前の借金について
自己破産手続き直前に手続き後に免責おりるから、わざと借金しまくる人がいるみたいですが
1、直前の場合や自己破産手続き中は借金しても免責おりないどころか、私は逆に詐欺罪で借金した会社に訴えられると思うのですが。
皆さんはどう思いますか?

投稿日時 - 2018-03-01 14:30:41

QNo.9433978

困ってます

質問者が選んだベストアンサー

そもそも普通の金融機関で借金があり返済できそうでないのであれば
誰も貸してくれないですね。

借りるほうが嘘偽りなく申告して貸してくれたのなら、
返済できないことを予測できなかった金融機関が墓穴を掘ったのではないかとおもいます。

投稿日時 - 2018-03-01 14:47:59

このQ&Aは役に立ちましたか?

0人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(3)

ANo.3

 詐欺で問題になるのは、「故意」です。

 本人に「返済する気がない」なら、詐欺です。

 客観的に見れば、「あれは自己破産直前だったな」「やりやがったな」と判断できても、本人に自己破産する気がなく、自己破産しても本人に返済する意思があれば(自己破産しても返済が禁止されるわけではないので)、詐欺にはならない「理屈」となります。

 本人が「返すつもりだった」と主張すれば、立証は難しいです。ほかの借金などの状況も調べて、全体的に(裁判所に)判断してもらうしかありません。

 本人を刑務所送りにしても、貸したお金が戻ってくるわけではありません。事情聴取だ証人だなんだと、ゴタゴタに巻き込まれるだけ、損が増えます。「盗人に追銭」状態。その間に稼いだほうがいいのです。

 ゆえに、告発はよほど腹に据えかねた場合以外は、しないのがふつうです。

 その代わり、生涯二度と自己破産などをして逃げた卑怯者とは付き合わない。それが、ダマされて損をした人にとって、最善の対策だと思います。

投稿日時 - 2018-03-01 19:12:08

ANo.2

訴えられることはありません。自己破産直前の貴方にお金を貸した者に落ち度があるからです。

投稿日時 - 2018-03-01 18:32:15