こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

締切り済みの質問

スタントマンは怪我をしてないのか

スタントマンは、屋根から飛び降りて怪我をしないのでしょうか。
それとも怪我をしているけれども、我慢しているのでしょうか。

投稿日時 - 2018-04-17 12:03:29

QNo.9489477

暇なときに回答ください

このQ&Aは役に立ちましたか?

0人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(6)

ANo.6

映画は撮影したものを編集でつなげています。屋根から飛び降りてるように見えても、飛び出すところと、着地するところで、カットが変わってたりするわけで、別々に撮影されたものをつなげてたりします。爆破シーンなどで体を投げ出すときなんかは、着地するところにマットが敷かれており、それが映らないように撮る、もしくは映ってもCGで消すなどしています。

このように、危険に見えるシーンも、出来る限り安全に配慮して撮影されてます。そして、俳優さんにはさせられないような難しいシーンをスタントマンがこなすわけです。そういうシーンのためにスタントマンは普段からトレーニングや練習をしているので、怪我なく撮影できるわけです。

しかし、事故をゼロにすることはできません。2017年にはアメリカ映画・テレビ界でスタント事故による死者が2名出ています。近年はアメリカ国外での撮影が多いせいもありますが、アメリカ国内でのスタント事故死は17年ぶりだそうです。
http://eiga.com/news/20171227/7/
http://eiga.com/news/20170731/13/
http://eiga.com/news/20170816/12/

投稿日時 - 2018-04-20 12:00:51

ANo.5

古い話ですが、藤岡弘さんが仮面ライダーのスタントで大怪我をして2号が登場したというのは有名な話ですよね。
トーク番組か何かに出演したときに当時の話をしていたのを聞いたことがありますが、複雑骨折で再起不能とも言われたそうです。
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E4%BB%AE%E9%9D%A2%E3%83%A9%E3%82%A4%E3%83%80%E3%83%BC#%E8%97%A4%E5%B2%A1%E5%BC%98%E3%81%AE%E4%BA%8B%E6%95%85%E8%B2%A0%E5%82%B7%E3%81%A8%E3%81%9D%E3%81%AE%E5%BD%B1%E9%9F%BF

投稿日時 - 2018-04-17 14:18:12

ANo.4

元スタントマンの人と一緒に仕事をした(仕事内容は全く別の仕事ですが)ことがありますが、あの業界の人たちにとって骨にヒビが入るのは「ケガのうちに入らない」くらいなのだそうでして。
その意味はどうも二つあるようで、ひとつはケガひとつで大騒ぎしてたら仕事にならないというのと、もうひとつはケガをするのは着地がヘタとか自分がヘマをしているからで、ヘマをしないのもプロのスタントマンだというプライドもあるのでしょうね。

でも昔のハリウッド映画のスタントマンなんて、ほとんど事故で死んでるんですよね。昔は「バイクでバス何台を飛び越えられるか」みたいな番組をよくやってたじゃないですか。あれは大抵映画のスタントマンが挑戦しているのですが、そういうのにしくじって死ぬか、撮影中にしくじって死ぬか、プライベートで無茶な運転をして死ぬか。スタントマンはベッドで死ぬのは恥なのかって思うほどですね。
我々日本人にはちょっと理解しがたいですが、欧米人には「自分は危険なところにいないと生きた心地がしないんだ」と訳の分からないことをいう人がしばしばいます。何度も戦場に行っちゃう人なんてまさにそれですね。

投稿日時 - 2018-04-17 13:45:48

スタントマンだって人間ですから、怪我もしますし下手をすれば命を落とします

週間マ〇ジンで連載されていた某漫画の実写化ドラマで
バイクのスタントを担当したスタントマンが
海にダイブするスタントで着水に失敗し死亡した例も有ります

投稿日時 - 2018-04-17 12:34:54

ANo.2

高いところから飛び降りる場合は しっかりとエアークッションをセットするなど対策をしてあります。
しかし 階段落ちなどは けっこう怪我をすることが多いです。
けがといっても 擦り傷程度です。
柔道で最初に習うことは 受け身の取り方です。
それをしっかりやっていると怪我を防げます。

昔の映画雑誌の記事には 今は有名になっている女優さんが(その昔の雑誌が発売当時の) 若手のころの話として 部屋の中で倒れる時に机の角に頭をぶつけるというシーンの撮影で 何度もNGを出して 監督にちゃんと頭をぶつけて倒れろと命令されるという 鬼畜のような話が出ていました。
そこで目をつぶって倒れたら ガーンと大きなショックを受けた後意識がなくなった と書いてありました。
そんな昔は 喧嘩の場面も本気で殴り合わせて 撮影してたみたいです。
飛び降りる場面も エアクッションなどなかったでしょう。
そのころは質問に書かれた通り ひたすら我慢。

投稿日時 - 2018-04-17 12:21:14

ANo.1

どの程度を怪我というかによるでしょうが、擦り傷程度はしょっちゅうだそうです。稀には死亡事故もあります。

投稿日時 - 2018-04-17 12:05:25