こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

鶏口牛後とか言ってる人ってホントに鶏口になってる?

鶏口となるも牛後となるなかれ

このフレーズって「対戦相手が弱い所でトップになれ。」ってことでしょ?

要はナメてるのよね、その場所を。

中小企業なんかで

「大手で埋もれるよりも、中小企業で出世するほうが良い!鶏口牛後だ!」

って言ってる人いるけど、完全にナメてますよね中小企業を。

大企業ならライバルが高学歴で優秀な人が多くて勝てないが、中小企業なら有象無象しかいないから勝てるだろってことでしょ。

そういうナメたこと言っている人って本当に鶏口になっているの?

単に大企業行けなかったから中小企業行っただけじゃないんでしょうか。

鶏後という中小企業のヒラ社員みたいなゴミに落ちる可能性も考慮せず、牛口という大手企業の役員への可能性を捨てて、中小企業に就職することってホントに良いんですか?

鶏口牛後とは言っても結局、長いものに巻かれてるほうが得だと思いますが。

鶏後っていう最悪にはならんのだから。牛後にいれば。

「周りが弱いところでなら上にいけるだろう」

こういうモチベーションで小さな企業に入った人、もしくは小さい企業にしか入れなかったような人ってホントに偉くなってるんでしょうか

投稿日時 - 2018-04-17 19:59:22

QNo.9489613

困ってます

質問者が選んだベストアンサー

中小企業といっても色々で、一流大学を出て、将来性のある中小企業に入って、会社を大きくし、自分も出世するといったアクティブな例えに使う言葉だと思います。逆に中小の場合、人材も少ないですから、学歴より本人の実務能力の方が重要でしょう。
大手に入って出世あきらめれば楽できるとか、一流大学を出ているので、中小企業なら出世出来るなんて、甘い考えをしている人は、鶏口牛後という言葉を思いつかないと思いますよ。
質問とはちょっと話がずれますが、中小企業がいつまでも中小かはわかりませんし、大企業も倒産します。

投稿日時 - 2018-04-18 18:22:54

お礼

はい

投稿日時 - 2018-04-18 19:22:53

ANo.2

このQ&Aは役に立ちましたか?

0人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(3)

ANo.3

鶏口牛後は僕の考え方だと、大きな軍隊に埋もれるのではなく小さな軍隊を率いろという、つまるところ人を扱えるような器の人たれという意味だと捉えるべきだと考えています。スペックとかそういう部分ではないのでは?

決して舐めてるとか勝負しろとかいう意味ではない、と思うのですがまあそこは個人の見解を相違かと思うのです口煩くは言わないようにします。

投稿日時 - 2018-04-18 19:41:54

お礼

はい

投稿日時 - 2018-04-18 21:41:42

ANo.1

中小企業は人が少ない分、守備範囲が広くやること(やれること)が多い傾向にあります。
大企業は細分化されていて、一人の守備範囲が狭いです。細かいルールがびっしりだったり。
中小で経験を積めば自分に向いている分野を見つけやすく伸ばしやすいし、全体が理解できます。
大企業に入れる人は中小で役立つと思います。社長が気に入れば昇進も早いと思います。
私が勤めているところ(偏差値50くらいの人が入る会社。)に東大生がいますが昇進は早そうです。入社1年目で知識の面で部のトップになるくらい圧倒的にレベルが違います。

投稿日時 - 2018-04-17 21:37:11

お礼

はい

投稿日時 - 2018-04-17 22:05:51