こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

「光」とプロバイザー

タイトルのとおりです。

インターネットとどんなふうに関係しているのでしょうか???

投稿日時 - 2018-04-24 04:17:33

QNo.9491728

すぐに回答ほしいです

質問者が選んだベストアンサー

プロバイザーではなく、プロバイダーですね、
光は、ただの光ではなく、光ファイバー回線です。


電話に例えてみます。

あなたが電話をかけると、電話局を通して、相手につながります。

あなたから、電話局までの回線が、光ファイバーの回線。ということ。
電話局が、プロバイダーになります。
そして、相手がインターネット。

光ファイバー回線は、現実的に今一番早い速度の回線です。
ただ、プロバイダーの処理能力が遅いと、いくら光ファイバー回線が早くても、意味がないのがわかると思います。
また、プロバイダーから、相手(インターネット)までの回線というのもあり、ここも速度が遅いと、インターネットは遅くなります。
ただ、プロバイダから先の回線は、契約者が選べるものではありませんので、評判を見ながらとなりますが、この辺は日々状況を見ながら変えているので、どんどん変わって居ます。

光ファイバー回線は、あなたの家から、電話局までの通信回線。
プロバイダは、インターネットの入口の料金所。という感じになります。

投稿日時 - 2018-04-24 05:29:50

お礼

ありがとうございました。

投稿日時 - 2018-04-24 16:03:24

このQ&Aは役に立ちましたか?

0人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(3)

ANo.3

光回線はネットそのものです。それが蜘蛛の巣状に張り巡らされたのがインターネットで、別名ウエブ(Web、英語で蜘蛛の巣の意)と呼ばれるものです。プロバイダーはインターネットへの接続業者です。普通のインターネットユーザーは自分でネットにつなげないので、プロバイダを介してネットに繋がっています。プロバイダに頼らず、自分でネットにつなげているユーザもいます。大手企業やヘビーユーザがそうです。自分でネットに繋ぐ固有のネットアドレス(IPアドレスと言います)とサーバを持っています。IPアドレスは全世界で40億個しかなく、普通のユーザは持てません。プロバイダに一時的にアドレスを割り当ててもらって(貸してもらって)ネットに繋がります。これがインターネットの原理です。

投稿日時 - 2018-04-24 11:00:07

お礼

ありがとうございました。

投稿日時 - 2018-04-24 16:04:27

ANo.2

現在は主に、グラスファイバー(ガラス繊維)で回線を敷設していますが、その中の信号に光を使用しています。
(昔は、銅線をひいて、そこに電気信号を流していたが、ノイズに弱いし、通信速度も遅い(ADSLの時代))

個人の利用者とプロバイダーを回線で接続後、インターネットに論理的にも物理的にも接続する業者がプロバイダーです。

投稿日時 - 2018-04-24 05:38:46

お礼

ありがとうございました。

投稿日時 - 2018-04-24 16:04:02