こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

ある支店から本社のハンドフォンに電話がつながらない

支店Aの固定電話から、本社の代表電話番号に電話をすると音声ガイダンスが流れて、音声ガイダンスに従ってプリフィックス番号と社員のハンドフォンの内線番号を入力するとトーン呼び出しがあって、社員のハンドフォンに電話が繋がり通話が行えます。

支店Bの固定電話から、本社の代表電話番号に電話をすると音声ガイダンスが流れて、音声ガイダンスに従ってプリフィックス番号と社員のハンドフォンの内線番号を入力しても、トーン呼び出しがしないときがあります。

プリフィックス番号と社員のハンドフォンの内線番号を入力を受け付けていないようですが、その場合の切り分け方法について教えてください。

支店Aからは問題ないので本社側の問題ではないと思っています。

支店Bの問題と思っていますが、切り分け方法として、以下以外に方法はありますでしょうか。

・支店Bの他の固定電話からかけた場合、どうか。
→ 他の固定電話からかけても同様ならば、支店B側の回線の問題で他の固定電話からかけて問題がなければ、その固定電話の問題。

投稿日時 - 2018-05-31 22:43:06

QNo.9503946

困ってます

質問者が選んだベストアンサー

支店B内の別の内線か、お持ちのスマホなどと
通話状態にしてから、ボタンを押して信号が聞こえるか
確認するのはいかがでしょうか。

あとは、携帯会社の留守電サービスや
テレフォンバンキングなど、IVR(自動音声対応)の窓口は
沢山あるので、そちらにかけてみるのも切り分けになります。
いずれもサービスにログインはせず、最初のメニューを
選ぶくらいの操作で十分だと思います。

投稿日時 - 2018-05-31 23:01:21

お礼

ありがとうございます。

ご教示いただいた方法は、ほかの環境へのトーン信号は問題ないかという切り分けになりますね。

また、支店B内からスマートフォンなどの携帯電話を使用して本社の代表番号に電話をかけて音声ガイダンスが流れたら、音声ガイダンスに従ってプリフィックス番号と社員のハンドフォンの内線番号を入力して問題ないかの切り分ける方法もありますね。

それで同じ問題が起きれば、回線種別が違うのに同じ問題が起こるということは場所の問題になるということになるのではという切り分けになるのではと思っています。

投稿日時 - 2018-06-01 22:44:56

ANo.1

このQ&Aは役に立ちましたか?

2人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(2)

ANo.2

まずは各店舗の固定電話の契約内容を確認してください。
例えば
本社はNTTの光電話
A支店はNTTの光電話
B支店はKDDIのメタル光
など
最近は少なくなりましたがVOIP回線利用者同士のや通常回線とVOIP回線が別会社の場合、通信や通話が途切れたりして上手くいかない事が良くあります。
そうなるとシステムの設定をいくら確認しても電話会社に依頼しても解決出来ませんのでそこから確認してください。

投稿日時 - 2018-06-01 05:20:18

お礼

ありがとうございます。

本社は元々、代表番号はもとからあって、固定電話、PHSが接続されていました。
今年の1月に新システムに入れ替えていますが、その際、PHS台数削減目的のため、パソコンにソフトフォンを導入してハンドフォンを使用するようになりました。

ただ、全部をソフトフォン+ハンドセットの構成にすることはできないため、固定電話、PHSは多少は残したままになっています。

本社、A支店、B支店と記載したのは、客先の環境で各店舗の固定電話の契約内容は客先から教えていただけていないので、現在不明です。

切り分けのため、客先に契約内容を教えていただくことが可能かどうかを確認をしてみます。

また、ほかの切り分け方法として代表番号に電話をかけると音声ガイダンスが流れるので、音声ガイダンスに従ってPHS番号を入力して、電話が繋がったら、通話が問題ないかを確認してみてもいいのではと思っております。

新システムに入れ替えた際にソフトフォン+ハンドフォンの構成を追加したのは、一次請、二次請の会社なので、PHSでは問題なく、ソフトフォン+ハンドフォンの構成で問題があれば、一次請、二次請の対応範囲であり、その調査は一次請、二次請で行えばいいということになるのではと思っています。

投稿日時 - 2018-06-01 22:25:05