こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

SONYのFeliCaの特許に詳しい人教えてくださ

SONYのFeliCaの特許に詳しい人教えてください。

SONYソニーは非接触ICカードのFelicaフェリカの特許の権利を他社に売却しているって本当ですか?

JRとかで使用されている交通ICカードにはソニーのフェリカが使用されていると聞いていたのにいつの間にかソニーはフェリカの権利を譲渡していたというのです。

じゃあ今は誰がフェリカの権利を所有しているのでしょうか?

投稿日時 - 2018-06-14 21:36:15

QNo.9508379

困ってます

質問者が選んだベストアンサー

”フェリカの権利”を技術と商標と考えると、下記のようになります。

特許は有効期限が切れているので誰でも自由に使えます。
商標はフェリカとしてはソニーが保有しますが、別の名前例えばSuicaなどなら別の企業が保有することが可能です。(補足:Suika、スイカ、すいかは果物のスイカの一般名称との差異を例示できなければ登録できません。実際にこれらは登録されていません。JR東日本はSuicaのみで登録しているのはこの問題があるのだろうと思われます。通常はフェリカのように仮名読みも一緒に登録します)

ーーー
特許:
Wikipediaにある2つの基本特許は、既に切れています。(特許の権利期間は、出願から20年)
登録が変わっていないのでずっとソニーが保有していたと考えられます。(使用の許諾に関しては、個々の契約なのでパブリック情報では判りません)
海外は調べていませんが、通常、日本の会社は日本での出願を先にしてその先願権を主張するので(そうしないと自身の日本特許が先行事例になって特許が取得できない)、海外でも関連特許は切れていると考えられます。

特開平10-20780 ー 相互認証・通信路暗号化
出願日:平成8年6月28日(1996.6.28)

特開平10-327142 ー 相互認証用縮退鍵
出願日:平成9年4月28日(1997.4.28)

ーーー
商標:
フェリカ、FELICAの商標のうち下記の製品群では、ソニーが保有ます。
(カード類は印刷物に入るかもしれません)

6金属製彫刻
9映写フィルム,スライドフィルム,スライドフィルム用マウント,録画済みビデオディスク及びビデオテープ
16印刷物,書画,写真,写真立て
19石製彫刻,コンクリート製彫刻,大理石製彫刻
20額縁,石こう製彫刻,プラスチック製彫刻,木製彫刻

下記の分野では、フェリカを別の会社が保有します。

6金属製建具,金属製の可搬式家庭用温室,金庫,金属製靴ぬぐいマット,金属製立て看板,金属製の墓標及び墓碑用銘板
20家具,葬祭用具,アドバルーン,屋内用ブラインド,食品見本模型,人工池,すだれ,装飾用ビーズカーテン,つい立て,びょうぶ,ベンチ,木製又はプラスチック製の立て看板,カーテン金具
24織物製いすカバー,織物製壁掛け,カーテン,テーブル掛け,どん帳,遺体覆い,経かたびら,黒白幕,紅白幕

投稿日時 - 2018-06-15 01:48:49

お礼

みなさん有難う御座います

投稿日時 - 2018-06-15 21:09:43

このQ&Aは役に立ちましたか?

0人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(4)

ANo.3

フェリカの技術を使ったNFC技術は、すでに、日本より香港や中国でも一般的に使われており、そのシステム自体は国際基準にもなってきています。

ただ、国際基準になするときに、一社が持っている技術を国際基準に採用したら、国際的な独占権を認める事になるから、そんなことは認められないので、開示したり、複数での持ち合いにしたりと言うことをしているだけ。

とくにEUが、ソニーという、日本の企業一社が持っている技術を国際規格として認めて、EU内で使う事に非常に強い難色を示したなどがあるので、分けたと言うだけの話。

基本的に、特許収入がなくても、すでに先行しているものなので、その開発コストをかけずにいくらでもは製品が作れるソニーからして見れば、他社よりも安値でカードやシステムを作って売ることができる。
下手に特許で儲けようとするより、カードやシステムの販売でも受けた方が得ですからねぇ。


それだけの話ですが。

投稿日時 - 2018-06-14 23:10:00

ANo.2

特許権はは出願から20年まで。

https://ja.wikipedia.org/wiki/FeliCa
「FeliCaに関する規格・知的財産権」の記述が正しければ、今年度中にパブリックドメインになる。

投稿日時 - 2018-06-14 23:06:42

ANo.1

FeliCa事業自体がフェリカネットワークス株式会社という関連会社へ移管されているようで、最近の特許申請者はフェリカネットワークス株式会社の名前で出願されているようですから、多くはこちらの会社へ権利移管されているのでしょう。

投稿日時 - 2018-06-14 22:20:52