こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

CPUについて

(1)インテル® CoreTM i3-6006U プロセッサー (3MB キャッシュ, 2.00 GHz)
(2)intel(R)Celeron(R)CPU P4600@ 2.00GHz
上記2つでは処理速度は格段に違いますでしょうか。
PCについて全く理解できておらず、お教え頂きたいです。
宜しくお願い致します。

投稿日時 - 2018-07-06 18:36:48

QNo.9515769

困ってます

質問者が選んだベストアンサー

CPUベンチマーク PASSMARKを参考にすれば良いと思います
https://www.cpubenchmark.net/cpu_list.php
Celeron P4600 @ 2.00GHz1340
Core i3-6006U @ 2.00GHz3107
と倍以上の速度差があるので、誤差を考えても倍と言えます
最新の
Core i3-8130U @ 2.20GHz5246
と比べたら約4倍
さらに言えば
Celeron P4600は
https://ark.intel.com/ja/products/52301/Intel-Celeron-Processor-P4600-2M-Cache-2_00-GHz
世代がArrandaleというCore i第一世代なのですが、グラフィックはその前の世代の様です、いずれにしろビデオサポートH264などのハードウエア、アクセラレーションは使えません。
Core i3-6006UのグラフィックIntel HD 520 828
https://ark.intel.com/ja/products/91157/Intel-Core-i3-6006U-Processor-3M-Cache-2_00-GHz
に比べれば1/10以上遅いです
https://www.videocardbenchmark.net/gpu_list.php

投稿日時 - 2018-07-07 09:19:59

お礼

詳しくご回答下さりありがとうございます。

投稿日時 - 2018-07-12 17:24:35

このQ&Aは役に立ちましたか?

0人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(6)

ANo.5

差という点で言えば、かなり多いですよ。

Core i3-6006Uというプロセッサは、2 Core/4 Threadとなります。 ターボブーストはないため、2GHzで動作します。Intel AVX2を搭載しているため、一部演算はSSE4.2の2倍以上の性能を発揮することもあります。CPU世代は第6世代Coreファミリー(Skylake Micro-Architecture)です。
また、GPUにはHD Graphics 520を内蔵しており、EU(グラフィックス計算プロセッサ)の数は24個、300MHz~900MHzで動作します。最新のグラフィックス命令をサポートしています。
4KでのVC-1/WMV9・VP9・MPEG4/AVC・H.265/HEVCなどのハードウェア動再生(再生支援)にも対応しています。

Celeron P4600は、2Core / 2 Threadのプロセッサとなります。2 Threadという点が重要で、Core i3では1つの演算装置辺り2つの命令を同時に実行できますが、1コア辺り1つの演算しかできません。そのため、性能は1コア辺りおよそ15%~20%低下します。
また、AVXはサポートしていません。CPU世代は初代Coreファミリー(Nehalem Micro-Architecture/開発名:Arrandale)となります。

内蔵されているGPUは、HD Graphics(開発名:Ironlake)がMCMダイで実装されており、EU数は12個と半分しかありません。また、動作周波数も 500~667MHzと低めです。それだけではなく、現在主流となっているグラフィックス命令の多くをサポートしていません。具体的にはOpenCLをサポートしていません。DirectXは10までのサポートであり、シェーダー言語のサポートレベルがレガシー(遺産)レベルに止まっています。
動作再生支援は、フルHDまでとなります。サポートする形式はVC-1/WMV9、MPEG4/AVC、MPEG2のブルーレイディスク(UHDを除く)を再生できる性能までとなります。

CPUだけのベンチマークだけで言えば、2倍とか、3倍にしかならないでしょうけど。例えば、インターネット上の動画を再生する場合の性能は、再生支援機能が4Kにも対応していますし、Webサイトでよく使われる動画形式も快適にデコード出来ます。

グラフィックス(GPU)部は、もっと段違いの性能アップがあり、4倍以上差が出るでしょう。また、熱設計消費電力のスケール(TDP)が35Wから15Wに削減されます。1/2以下の最大電力で2倍以上の性能になるわけですから、格段に違います。

ただし、一応注意点を書いておきますけど、Celeronの頃のPCはWindows7や8だと思います(無料時代にアップグレードしていれば別です)が、今は10なのでCPUの性能が2倍になったから快適になるとは限りません。明らかな快適さを求める場合は、ストレージをSSDやSSHD(ハイブリッドHDD)を選ぶようにすると良いでしょう。

また、Windows10では必ずメモリーを8GB以上搭載した製品を選んでください。4GB以下だと、Windows7などに比べて遙かに低速となることがあります。国内の大手メーカーブランドには4GBモデルが著しく多いので、だまされないようにしてください。あれは本当に酷い仕様です。
Windows10が結構メモリーを食いますので、ご注意ください。

投稿日時 - 2018-07-07 08:17:13

お礼

詳しくご回答下さりありがとうございます。

投稿日時 - 2018-07-12 17:25:31

ANo.4

>処理速度は格段に違いますでしょうか
ネットは ネット回線次第だし メールなら違わない
Officeも違わない
何か特殊なソフトを使いますか?
今回のCPUでは 大きな差は無いと思いますね
いくら早くても使っている間に速さは慣れてしまいます
遅くなりにくいメンテナンスと処置をすれば良いだけ

パソコンが遅いと言う人は パソコン買っても使うばかりでメンテナンスを覚えないから不満が出るのです

ちなみに パソコンは 各パーツのトータルバランスで早くなります
CPUばかり早くてもメモリが少ない マザーが古いなどならば 結果的に遅くなります

投稿日時 - 2018-07-06 21:37:47

お礼

ご回答下さりありがとうございます。

投稿日時 - 2018-07-12 17:26:08

ANo.3

格段というのが何倍も、という意味なら、そんなに変わりません。
よほど通信速度などの方が影響するかと。

投稿日時 - 2018-07-06 19:38:35

お礼

ご回答下さりありがとうございます。

投稿日時 - 2018-07-12 17:26:32

ANo.2

 
(1)インテル® CoreTM i3-6006U プロセッサー (3MB キャッシュ, 2.00 GHz)
これは2016年に発売された比較的新しい物

(2)intel(R)Celeron(R)CPU P4600@ 2.00GHz
これは2010年に発売された旧式

明らかに(1)が早い
 

投稿日時 - 2018-07-06 18:54:29

お礼

ご回答下さりありがとうございます。

投稿日時 - 2018-07-12 17:26:43

ANo.1

CeleronだとHTが使えないので同時スレッド数が半分、メモリ帯域が17.1Gと34Gなので丁度半分
2010年のCPUと2016年のCPUですから同一クロックでも差が出ます
http://pcinformation.info/cpu/comparison-intel-mobile.html
ここのベンチで1340と3156ですから倍以上の差です

ただし周辺機器や何をするのか次第で結果は変わってきます
トロいストレージや足りないメモリーで動かせばCPUの差は消えてしまうでしょう

投稿日時 - 2018-07-06 18:53:11

お礼

ご回答下さりありがとうございます。

投稿日時 - 2018-07-12 17:27:10