こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

word 入力中の不具合/原因と対策

word 入力中に一部を消去するため「選択」し、Delキーを押しました。
添付図のような状態になり、選択部分は消去されず、色が青くなり、取り消し線が入りました。
また、矢視のごとく左端に縦線が入りました。(1)の部分は、選択していたいない行、(2)の部分は選択した行です。
左端の縦線は何を意味していますか。
何が原因でしょう。元に戻すには。

注: 矢印と丸文字は後から書き入れたものです。

投稿日時 - 2018-07-26 07:17:31

QNo.9521936

困ってます

質問者が選んだベストアンサー

変更履歴の記録を止めて、変更履歴/コメントなしを選んでみてください。

投稿日時 - 2018-07-26 07:27:51

補足

有り難うございました。
問題は解決し、作業を前に進めることが出来ました。
====  
素人の私から見れば、お答えに、メニューバーにある【校閲】をクリックし、更に【変更履歴】をクリックと書いて下さると、対応時間がずっと短くなるのです。何しろ【校閲】をクリックしたことは一度もない人が多いのですから。

【変更履歴】とは何のためにあるのでしょう。変更履歴の【コメント】とは何でしょう。

更なる疑問は、なぜ【変更履歴コメントあり】になっていたのでしょう。この様な設定をしたことはありません。

疑問はどんどん増えますので、お答えをお願いしているのではありません。単なる素人の感想です。
====
有り難うございました。重ねて御礼申し上げます。

投稿日時 - 2018-07-26 15:49:23

お礼

その後 word は問題なく機能しております。
問題は再発しておりませんし、例え再発しても、
解決策があれば、安心して仕事を進められます。
有り難うございました。

投稿日時 - 2018-07-30 05:00:35

ANo.1

このQ&Aは役に立ちましたか?

0人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(2)

ANo.2

[校閲] タブの [変更履歴の記録] のオフと、[変更履歴/コメントなし] の表示にすることで、問題が解決できたようで良かったですね。
ショートカットキーの Ctrl+Shift+E を押して、変更履歴の記録をオン・オフできますが、なぜオン状態になったのかまではわかりません。
左の縦線は、変更のある個所を示す線で、[承諾] で [すべての変更を反映] すると、文書は変更が反映された結果の表示になり、左の縦線も消えます。

変更履歴やコメント機能は、個人で Word を使用の場合は使う人は少ないと思いますが、仕事上で文書を共有して作成、編集を行うような場合や、作成した書類の内容のチェックや訂正を行った時などに、だれが変更したか分かるように記録を残して、変更理由をコメントとして残すような場合に利用します。

添付された図では、削除箇所が青色で取り消し線が付いて表示されるようですが、文書ファイルを変更したユーザーごとに、色を変えて表示するようなこともできるようになっています。

使用されている Windows または mac のバージョン、Word のバージョンなどによって、設定などが違う場合もありますので、質問される場合は使用環境も明記されたほうが良いと思います。

<関連の情報>
※下記の日本語交じりの URL はリンクとなりませんので、参照するときはすべてをコピーしてブラウザのアドレス欄に貼り付けて参照してください。
・Chapter 12 文書校正と校閲
https://www.wanichan.com/pc/word/2016/12/
・Word での変更履歴の記録
https://support.office.com/ja-jp/article/Word-での変更履歴の記録-197ba630-0f5f-4a8e-9a77-3712475e806a
・変更履歴の記録の色を変更する
https://support.office.com/ja-jp/article/変更履歴の記録の色を変更する-48c80bb3-458c-4abb-8e21-25f9bac47484

投稿日時 - 2018-07-30 00:09:12

お礼

丁寧な解説を有り難うございました。
複数の人が一つの文章を添削する場合など考えてもおりませんでした。
色々な使い方があることを改めて認識いたしました。
一方に於いて、word あるいは各種アプリケーションの機能の幅広い予習は出来ないでしょう。
今後も網雲に使い、問題が起こると他人様に頼る生活が続くでしょう。

勝手ではございますがよろしく。

投稿日時 - 2018-07-30 04:56:54