こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

NEC LaVie バッテリ・リフレッシュ&診断

NEC LaVie の「バッテリ・リフレッシュ&診断ツール」が正常に終了しなくなりました。
解決策を教えてください。

型式 PC-LL750AS1YR(2010年春?)
OS:購入時 windows7 約2年前にwindows10に無料アップグレード品

<状況>
「バッテリ・リフレッシュ&診断ツール」(以下「リフレッシュツール」と記す)を起動すると処理の途中で電源がオフしてしまいます。
電源ボタンを押して再起動すると下記のアラームが表示されます。
 ユーザーの操作により終了できませんでした。
パソコンはノートパソコンですが、いつも机の上で電源アダプターを接続して使用していてバッテリー駆動で使用することはほとんどありません。
そのためバッテリーは常に満充電に近い状態なので、「リフレッシュツール」を起動するとバッテリーの放電からスタートします。

バッテリー残量をモニターしながら(設定→システム→バッテリー)「リフレッシュツール」を起動すると、約40分で充電残量6%に低下しそのまま2~3分後に〔正確ではない〕6%を表示した状態で電源が切れてしまいます。
この様子を見ていると、バッテリー残量5~6%で再充電行程に移行するように設定されているが何らかの原因で再充電行程に移行出来ないため(最終的に安全回路が作動して?)電源オフに至った様にも見えます。
<その他>
(1)最後に「リフレッシュツール」が正常動作したのは2018/3/2日です。
(2)「リフレッシュツール」は一旦削除し再インストールしましたが改善出来ませんでした。
(3)BIOSからの実行もテストしました。
この時もバッテリー放電からスタートして、充電残量 - - - 6%、5%、4%、3%、2%と低下して行きましたが、再充電の行程に移行しないのでパソコンが窒息するのが怖くて充電残量2%のところでテストを終了しました。
(4)OSのバージョンはwindows10 Home Ver.1803  OS ビルド 17134.165
インストール日:2018・06・13

<質問>
(1)何か良い解決策があれば教えてください。
2018/06/13 にwindowsのアップデートをしていますが、関係ありますでしょうか?
(2)121ware.comで本機用の「リフレッシュツール」のアップデーターを探しましたが、見つかりませんでした。購入時のOSがwindows7なのでwindows 10に(勝手に)アップグレードしているので、サポートされない可能性はありますか?

投稿日時 - 2018-08-10 02:04:58

QNo.9526245

困ってます

質問者が選んだベストアンサー

http://121ware.com/psp/PA121/NECS_SUPPORT_SITE/CRM/s/WEBLIB_NECS_PRO.PRODUCT_ID.FieldFormula.IScript_Product_Spec_Details?prodId=PC-LL750AS1YR
こちらのPCですね。

1に関しては恐らく良い解決方法はありません。プリインストールOSのWin7に戻すぐらいです。
2は
http://121ware.com/psp/PA121/NECS_SUPPORT_SITE/ENTP/h/?tab=SUP_Z_WIN10
http://121ware.com/navigate/support/win10/upgrade/pclist/index.html
を見ればわかりますがお使いのPCはメーカーとしてはWin10へのアップグレード対象外機種としているのでWin10で何か問題が発生しても修正モジュール・プログラムの提供はありません。

投稿日時 - 2018-08-10 02:32:58

お礼

 質問のポイントに対し的確に回答して頂きありがとうございました。
私には最高の回答です。
 雑談になりますが、windows10の無料アップグレードに関して、パソコンメーカーがアップグレードはお奨めしませんと言っている機種に対しても
マイクロソフトが(執拗に)アップグレードを奨めてきて、可能な限り抵抗していたのですが(windows updateを拒否して)、最終的には(個人の間隔では)半強制的にアップグレードさせられてしまったことを思い出しました。
 ですが自分が使用している範囲では現在のところ大きな不具合は出ておりません。

投稿日時 - 2018-08-10 12:32:50

このQ&Aは役に立ちましたか?

1人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(4)

ANo.4

リフレッシュツールが必要なのはニッケル電池使用時です。

MSをOS開発会社と誤解している人が多いですが、
実祭はソフト販売の会社でハード対応は製造会社に丸投げ。

売り上げを増やす為には非対応だろうが、アップデートして、
買い替えさせるポリシーで動いてる。

投稿日時 - 2018-08-15 16:45:26

お礼

 ご回答ありがとうございます。
>リフレッシュツールが必要なのはニッケル電池使用時です。
当方のパソコンは(残念ながら)そのニッケル水素電池です。
 最近のパソコンだとほとんどリチウムイオン電池を使用していると思いますが、8年も前のものですから。

投稿日時 - 2018-08-16 00:25:25

ANo.3

マイクロソフトはWin7/8.1からWin10へ無償アップグレードできるようにしてました。ただ多くのPCメーカーがWin7からWin10へのアップグレードに関してサポートしない方針でしたね。理由は簡単でWin7プリインストールの機種までWin10での動作確認するのはコストがかかりすぎるので切り捨てたって経緯があります。
マイクロソフトはただのソフトメーカー(今はsurfaceとかPCも販売はしてますが)なのでWin7も対象に含めたのでしょうがPCメーカーにはWin7まで含めると多大な負担になりその費用をマイクロソフトが持ってくれる訳でもないので切り捨てたってことろです。マイクロソフトもそのあたりはPCメーカー任せでどうするかはメーカーの判断に委ねるってスタンスでしたので。

投稿日時 - 2018-08-10 13:55:16

お礼

 ご回答ありがとうございます。
 パソコンメーカーの対応は理解できるし、やむを得ないとも思います。
しかしながら「Windows 10へのアップグレードを行わずにそのままご利用いただくことを強くおすすめします。」と言っているのですから、最初にアップグレードの提案が出されたとき、「NO」を選択したら「YES」を再選択するまではアップグレードの提案を自動的に拒否するようなアプリを配布できなかったのかなと思います。
マイクロソフトとしては、一旦 win10 にアップグレードしても不具合が出れば再度 win7 に戻せばいいでしょ、との判断があるのかも知れませんが、パソコンユーザーが全員パソコンに精通している訳ではないですから。
この件はもはや2年以上前の話であり、今や懐かしい思い出の範疇です。

投稿日時 - 2018-08-12 14:21:18

ANo.2

もう、8年前のパソコンですから
バッテリーがへたっているので
リフレッシュ診断はする必要は
ないと言うか、
新しくバッテリーを買ってから
行うといいと思います。

新品のバッテリーです↓
(PC-VP-WP104が型番ですよ。)
https://www.amazon.co.jp/gp/aw/s/ref=nb_sb_noss?k=PC-VP-WP104

投稿日時 - 2018-08-10 07:21:29

お礼

 ご回答ありがとうございます。
>もう、8年前のパソコンですから
確かにそろそろ買い替え時期が来ていますよね。
それだけに余分なお金は掛けたくないと思っています。
それと今年の3月のバッテリー診断ではバッテリー性能は普通と判定されていたので、バッテリーの急激な劣化とは考え難いと考えます。(そうでないと診断プログラム自体の有効性が失われそうです)

投稿日時 - 2018-08-10 12:49:07